ブログランキング参加しています。ポチっと応援よろしくお願いします。 88x31b.gif にほんブログ村 病気ブログ 歯医者へ
banner_23.gif blogram投票ボタン ブログランキング【ブロブロ】

2009年03月31日

さくら

私の住んでいる長崎県は、今ちょうど桜満開です。

公園など何本も桜の木があるところはまさに絶景ですね。心が洗われるような気持ちになるのは私だけではないと思います。

 大学2年生の時の事です。バイト先の塾の裏手が公園で、そこには数十本の桜の木がありました。

この時期になるとそこは別世界のような華やかさでした。休憩時間、缶コーヒー片手に一人でベンチに座って、ぼーっと眺めていた記憶があります。

 しかし現在、そこにはショッピングセンター兼市営住宅が建っていて、あの頃の風景をもはや見る事はできません。仕方ないことなのでしょうが、とても残念ですね。

 ちなみに桜前線の進むスピードは人間の歩く速さとほぼ同じだそうです。九州から北海道まで休みなしで歩く事が可能だったら、ずーっと満開の桜が見る事ができます。あくまでも計算上ですけど・・。



 妊婦さんは歯ぐきが弱ってしまいがちです。「妊娠性歯肉炎」という病名があるくらいですから。

妊娠中は特に歯ブラシを頑張ってもらいたいのですが、体調が悪い時もあるでしょうからなかなかそれも難しいと思います。そのため、かかりつけの歯医者さんで定期的にお口の清掃と管理を行ってもらう事をお勧めします。

 妊娠中は多くの場合、麻酔を使う治療や抗生物質を投与するような治療が出来ません。胎児に全く影響がないとは言えないからです。

 若い女性は結婚前に全ての虫歯と歯周病の治療を終えてほしいと思います。特に親知らずは要注意ですよ。

 

 
posted by だいすけ先生 at 10:43 | Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月30日

日に3度も・・。

土曜日から1泊で近場の温泉に行ってきました。

高速には乗らなかったので上限1000円の恩恵を受ける事はありませんでしたが、久しぶりに足を伸ばしてゆっくりとお風呂に入る事ができました。

 温泉を堪能し、何ヶ所か観光をして、あとは帰るだけです。

一般道路を普通に走っていると突然かなりの渋滞が。

通常はスムーズに流れる所だったので「おかしいな」と思っていると、案の定、車が横転しています!。幸いけが人はいなかったようです。原因はこれだったんですね。

それからしばらく行くとまた渋滞。今度は追突事故です。こんな日もあるんだなぁとさらに進むとまたまた渋滞・・。

5台の玉突き事故でした。これは反対車線でしたのでそれほどこちら側には影響ありませんでしたが、向こう側はえらいことになっていたようです。

 1日に3回も事故直後の現場を目撃するとは・・。なんとも不思議な1日でした。



 多くの歯磨き剤には原材料としてプロピレングリコールラウリル硫酸ナトリウムといった化学物質が使われています。

前者はしっとり感を出すため、後者は泡がよく出るように用いられています。

両者ともそれだけでは毒性は少ないようですが、毎日使い続けるとどうでしょう。特にラウリル硫酸ナトリウムは発がん性が証明されています。シャンプーにも使われているようですね。

 普段お使いの歯磨き剤やシャンプーの原材料表示を注意深く見てみてください。両者ともに使われているようでしたらちょっとまずいかもです。

小さなお子さんに使うのはお勧めできませんよ。
もしも半信半疑でしたらこんな記事を参考にしてみてはどうでしょうか?
http://www.white-family.or.jp/healthy-island/htm/repoto/repo-to54.htm

 
posted by だいすけ先生 at 10:34 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月28日

UMA(未確認動物)

年に数回、私が所属する歯科医師会の委員会の会合があります。その日も診療が終わった後、車で会場へと向かっておりました。

 すでに陽は落ちたあとで真っ暗ですので、ライトを点灯させての走行です。すると、急に道路脇から動物が飛び出してきました。

スピードはそれほど出していませんでしたのですぐに停車し、その動物が横切るのを待っていたのですが、その動物が何か変です。

最初は猫かうさぎだと思いました。でも明らかに違います。体長は2〜30cmで後ろ足2本でしっかり立っていて、「ピョン、ピョン」と跳ねて進んでいます。

色は茶色でした。ちょうどカンガルーが前に進むような格好ですね。しかしカンガルーやワラビーだとしても小さすぎます。

一体、あれは何だったのでしょう?。私にとってはまさにUMA(未確認動物)でした。



 まだ治療が出来ない2〜4歳の幼児の虫歯には、「サホライド」という薬をそこに塗ります。

フッ化ジアミン銀を成分としたもので、虫歯の進行を抑える働きがあります。虫歯で柔らかくなった歯の表面を硬くするんですね。

しかしその最大の欠点は、塗った所が真っ黒になってしまう事です。
奥歯ならいいのですが、前歯だとかなり目立ってしまいます。

私のところでは、一緒に来院されたお母さんに説明し、相談した上で塗布するかどうかを決めています。もちろん治療ができるようになったら、レジン充填で白くすることは可能です。

 幼少期でも歯ブラシは重要です。必ずお母さんかお父さんが仕上げ磨きをして、サホライドも塗らなくていいようにして下さいね。

 
posted by だいすけ先生 at 09:27 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月27日

ネオンサイン

研修医時代に勤めていた大学病院の目の前は歓楽街でした。

たくさんの飲み屋さんが軒を並べています。高級なお店には行けませんが、今でも歯科医師会の飲み会で利用することがあります。

 歓楽街ですから、ネオンサインがきらめいているホテルもいくつかあります。その中に「WILL」という名前のホテルがありました。

”望み”とか”希望”とかいう意味ですね。一時期そのホテルのネオンサインが壊れていて、Wの字が消えていたのです。

しばらくの間、そのホテルの名前は「ILL」でした。

病気”という名前のそのてのホテルはちょっと怖いです・・。



 「口内炎」って、出来ちゃうと本当に痛いですよね。特に白くて小さいアフタ性口内炎は、再発するのでとてもやっかいです。歯科医院には口内炎に付ける軟膏も置いていますが、なかなかすぐには治りません。

口の中の粘膜に異常がある時は、多くの場合疲労やストレス、ビタミンの摂取不足が原因です。口の横が切れてしまう「口角炎」も同様です。まずは体調を整えることです。

ビタミンはB2B6を多く採るようにしましょう。青物野菜のサラダやサプリメントで補ってください。そして何よりも自分でいじらないのが大切です。

 それでもなかなか治らない時は、歯科医院でちゃんと診てもらいましょう。場合によっては感染性など、他の病気かもしれませんからね。

posted by だいすけ先生 at 10:37 | Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月26日

インディージョーンズ

先日、DVDで「インディージョーンズ〜クリスタルスカルの王国」を観ました。

シリーズは全部観ていますので、見逃すわけにはいきませんからね。

主演のハリソン・フォードはだいぶお年を召されていましたが、若々しい動きでさすがでした。現代の映画らしくCGを多く使っていて、映像でも楽しませてもらった感じです。

 私が思うに彼が主演のインディージョーンズはこれが最後だと思います。その布石として、彼の息子を今回登場させたのではないかと考えています。

終わらせるにはもったいないシリーズですから、俳優さんを若返らせて続けていくんでしょうね。いつになるかわかりませんが、次回作も本当に楽しみです。



 インプラント(人工歯根)を行っている歯科医院がかなり増えてきました。

私のところでは行っておりませんが、インプラントは歯を失った場所に施す処置として有効な手段であると考えます。

しかしそれなりの経験と技術を必要とする処置なので、どこでも同じというわけではないんですよ。ごく一部ですが、悲しい事に技術が未熟なまま行って事故が起きている事も事実です。

 歯科医師免許さえあれば技術が未熟でもインプラントを行うことが可能です。ですから患者さんの歯科医院選びが重要になってくるのです。でもそうかと言って一般の方には難しいですよね。

 インプラントを専門で行っているインプラントセンターという所では資料請求だけでも応じてくれるようです。

インプラントを希望するのであれば飛び込みではなく、そういったインプラント専門歯科医院の資料を参考にして自分に合ったいい歯医者さんを探すことが大切ですよ。


posted by だいすけ先生 at 09:52 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月25日

日本、世界一!!

WBCが日本優勝で幕を閉じました。どの国のチームも死力を尽くして戦ったいい大会だったと思います。でも正直、日本が勝って本当に良かった・・。

 昨日の決勝戦は、前半は患者さんを診ながら、後半は昼休みではまり込んで応援していました。おかげで午後の診療が始まった時はヘトヘトだったですね。

 スタメンに川崎を入れなかった事と、9回に杉内を交代させた事には少し不満が残りましたが、勝てばOKです。

でも、10回のしびれるような場面で打席が回ってきて、しかもきっちり期待に応える事ができるイチロー選手には神がかり的な何かを感じずにはいられませんでした。そういう星の元に生まれてきたんでしょうね。すごいです。

 4月3日から日本のプロ野球が開幕しますので、ソフトバンクファンの私はまた勝敗で一喜一憂してしまう季節になります。楽しみですね。



 噛みあわせを調べる時には”咬合紙”を使います。

歯医者さんで「これを噛んでください」と赤い紙を噛まされるでしょ?あれです。赤い色がついたただの紙なんですけど、あれだけで色んな事がわかるのです。

強く当たっている所は濃い赤色で記されます。しかし一番強く当たっている所は小さな赤い円になるんです。強すぎると着色さえしないんですよ。また、歯ぎしりの方向とか強さもわかります。

 歯についた赤い印から3次元的にその人の噛みあわせをイメージして治療にあたるんです。ほんとにただの紙ですけど歯科医にとっては重要な情報源なんですよ。

posted by だいすけ先生 at 09:43 | Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月24日

パチンコ屋のおばちゃん

「大工の源さん」というパチンコ台が流行っていた頃、隣りで打っていたおばちゃんがすごかったので今でも覚えています。

リーチが来るたびに中腰になってオーバーアクションを繰り返すわ、はずれたら台を殴るわのやりたい放題でしたので、隣の私はたまりません。

そして向う隣のおばちゃんとずっと大きな声でおしゃべりをしています。その内容がまたすごいんです。

「これで父ちゃんの夏のボーナスぜーんぶ無くなっちゃったよ。参ったねー。」 

本当に参ったのは父ちゃんだと思いますが・・。



 冠などを装着する時に注意しないといけないのが、隣接する歯との距離です。

私達歯科医は”コンタクト”と呼んでいます。狭すぎると歯間ブラシ等の清掃器具が入りませんし、広すぎると常に食べ物が挟まったりしてしまう恐れがあるんです。

そのためコンタクトゲージという厚さ50ミクロンの道具でチェックをしてから装着するようにしています。

常に物が挟まっていると、そこから必ず歯周病が進んでしまいますからね。もしもそのような場所がお口の中にあるようでしたら、冠のやり替えをお勧めしますよ。


 
 
posted by だいすけ先生 at 10:34 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月23日

価格高騰

昨日は息子が欲しがっていたお城のプラモデルを買いに家族で出かけました。

なかなか模型専門店がなくて探すのに苦労しましたけどね。やっと見つけて中に入ってみると、プラモデルの箱が店いっぱいに積まれています。

ここならお城のプラモデルもあるだろうと、お店の人に尋ねてみると2つだけあるとのこと。一つはもう手に入れていたものでしたので、「松本城」を買いました。

 陳列されている他の商品も見てまわったのですが、値段を見て驚きました。

子供の頃私が作っていたような車のプラモデルが3000円近くするのです!

当時は800円ほどで売っていたので3倍以上の値がついている事になります。現在はそれほど人気がなく、あまり流通していないので、逆に高値になっているんでしょうね。恐ろしや・・。



 歯科でもお口の中で外科処置を行った場合はしばしば縫合を行います。早く傷口がふさがるようにですね。

その時に使う糸は、通常シルクを用います。しなやかで、細くても丈夫なのがその理由です。これは抜糸をお行わなければいけないので”非吸収性”と呼ばれています。

一方、自然に溶けて体に吸収されてしまう”吸収性”の糸もあります。こちらは少し強度が劣ります。

どちらにも利点・欠点がありますので、状況に応じて使い分けているんです。頻度は圧倒的にシルクの方が多いんですけどね。




 
posted by だいすけ先生 at 09:24 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月22日

かぶと

国立大学の歯学部では、卒業前の1年間は臨床実習です。教官の先生の指導のもと、実際に患者さんを診るんですね。

 ある日、友人の一人が歯周外科(歯ぐきのオペ)の見学をしようとしていました。見学をするにしてもそれなりの準備が必要なんです

が、彼の頭は非常に大きくて通常のオペ用の帽子が入りません。困った彼は「大きいサイズはありませんか?」と看護師さんに尋ねてみました。

でもサイズはそれしかありません。その看護師さんはベテランでウィットの効いた方だったので「これ使ったら?」と新聞紙で作った折り紙の「かぶと」を彼に渡したのです。

その場にいた私を含めた数人は大爆笑でした。そんなもの被ってオペに臨んだら「なめてんのか?」と教官にしこたま怒られるのは目に見えています。

仕方なく帽子の後ろを切って無理やり使っていたようです。何も悪い事していないのに、彼にとっては厄日だったでしょうね。



 お医者さんでも同じなのですが、休日や時間外に診察をしてもらうと診察費が割高になってしまいます。

休日加算や時間外加算というものがありますので、大体2〜3割高くなってしまいます。タクシーの深夜料金みたいなものですね。

また深夜まで営業している歯医者さんもありますが、遅い時間帯はほとんどの場合アルバイトの若い先生しかいません。ベテランの優秀な先生がその時間まで働いているとは思えないからです。

 緊急事態になってから駆け込むよりも、「おかしいな」と思ったらお昼休み等を利用して営業時間内で診てもらいましょう。お金の節約にもなりますよ。

posted by だいすけ先生 at 10:34 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月21日

怪獣の名前

自動車を運転している時は、FMラジオをよく聞きます。

先日もなにげなく聞いてたら、怪獣の名前について話していました。

 怪獣の名前にはたいてい濁音が入っています。代表的なのが”ギャオス”、”キングギドラ”、”ゴジラ”、”ガメラ”などですね。

これには理由があって、この濁音が入っていると子供達が名前を覚えやすいからだそうです。なるほどと思いましたね。

 怪獣で思い出しましたが、”レッドキング”という怪獣が初代ウルトラマンの時に登場しました。

しかし”レッド”といいながら灰色なんです。有名な話なのですが、これは撮影日に着ぐるみの塗装が間に合わなかった事が原因らしいのです。

当時のスタッフはさぞかし慌てたでしょうね。でも本当に赤かったら今ほど人気のある怪獣ではなかったかもしれません。面白いものです。



 下の奥歯のひどくなった虫歯や問題を起こしている親知らずを長い間放置していると、バイ菌が顎の奥の方まで侵入してきます。

さらに筋肉の隙間に沿って進み、顎だけでなく首の方まで化膿病巣が広がってしまいます。

これが「蜂窩織炎(ほうかしきえん)」と呼ばれるものです。

こうなってしまうとさすがに入院です。顎のあちこちに膿を抜くためのチューブを取り付けられて、大変な思いをしなければなりません。

 「最悪でも歯を抜けば治る」と思って放置したらとんでもない事になってしまいます。絶対に早い段階で処置を行って下さいね。



 
posted by だいすけ先生 at 09:37 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月20日

3日間で・・。

昨日なにげなく携帯でニュースを見ていると、そこに「歯科医も絶賛!!3日間で歯が白くなる歯磨き剤」という広告がありました。

なんでも今回は赤字覚悟で、6千円以上するところを千何百円で提供するそうです。

興味深かったので内容を見てみると、歯科医がホワイトニング(歯を白くする事)で使っている成分を配合しているとのこと。これだけで「だめだこりゃ。」と思ってしまいました。

 ホワイトニングでは着色の原因になる成分を溶かして歯を白くしていきます。当然、歯は弱くなりますのでホワイトニング中は歯科医の管理のもとで行わないと危険なんです。

それでも3日間では白くなりません。早くても3〜4週間はかかります。そのようなものが毎日の歯磨き剤に含まれていたとしたら・・。賢明な皆さんはおわかりですよね。

 3日間で悪影響なく歯が白くなるなら、どこの歯科医院でも導入しているでしょう。また、患者さん一人一人で歯の色は違いますし、その原因も様々です。誰でもすぐ白くなるという訳ではないのです。

 歯を美しく見せることも大事な事ですが、それは健康な歯を保つ事が出来た上での話です。虫歯や歯周病を無視して歯を白くしてもナンセンスですからね。


posted by だいすけ先生 at 09:34 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月19日

ポテトチップス

昨日は娘との賭けに負けて100円巻き上げられました。

しかも日本代表も負けちゃってとても残念です。今日は背水の陣できっと勝ってくれると信じていますが、イチロー選手の不調が気がかりです。

 メタボの兆候が出始めている私にはあまり良くないと思うのですが、ポテトチップスは大好きです。どちらかというと筒に入った定型タイプの方が好みですね。

しかし昨日食べた新製品のノンフライポテチはいただけませんでした。

食感も悪いし味も良くなかったんです。何よりも後味が悪く、急遽ビールで口直しをと思ったのですが、それもあまり効果が無かったようです。

もったいないですけど、半分食べたところで捨てちゃいました。なんか久しぶりにはずれを引いた感じでしたね。



 お菓子の中でも特に虫歯になりやすいのは何か皆さんご存知でしょうか? 

チョコレートと思われるでしょうが、答えは「キャラメル」なんです。

糖分が多く、口の中に残っている時間が長いからですね。あと粘着力があるので、すぐには唾液で流れてくれないこともその理由です。

かと言って食べてはいけないというわけではありません。子供さんは大好きですからね。与える側が虫歯になりやすい食品であることを理解していればいいのです。

食べ終わったあとにすぐ歯ブラシをさせたり、どうしても無理ならばお茶やミネラルウォーターなどを飲ませてお口の中を洗浄すれば、虫歯のリスクをある程度下げる事ができます。一番良くないのはだらだら与え続ける事です。

 おやつの時も袋ごととか箱ごとではなく、お皿に今日の分だけ与えるのが虫歯を作らない賢いやり方ですよ。


 

 
posted by だいすけ先生 at 08:53 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月18日

卒業式

今日は長男の小学校卒業式です。朝早くから慣れないネクタイ締めて準備していたようです。

この前彼の入学式に出席したような気がするのですが、6年間なんてあっという間ですね。

 私は卒業式のような厳かな雰囲気の中にいると、なぜかハプニングを期待して色んな事を考えてしまいます。

「校長先生転ばないかなぁ」とか、「誰かおならしないかなぁ」とか・・。

もしも本当に起こったら、一生忘れられない卒業式になるのは間違いないんですけどね。今日も期待しちゃってます。歯科校医なのに不謹慎なのは十分わかっておりますが・・。

 それから下の娘と賭けをしました。うちの家内が泣くか泣かないかです。私は泣く方に100円賭けました。娘には悪いですけど、もらったも同然ですね。1000円にしておけば良かったかな?



 花粉症の季節です。

皆さんご存知のように、花粉症はアレルギーの一種です。自己免疫疾患といって、自分が自分を攻撃してしまうんですよ。

歯科でも気を付けないといけないのが金属アレルギーです。保険で被せる冠に使われている金、銀、パラジウムのどれかにアレルギーを持ってる患者さんは、装着後に色々なトラブルを抱えてしまいます。

そんな時は主にチタンを使います。チタンがアレルギーを起こしにくいと言われているからです。でもチタンにアレルギーを持ってる人もいるかも知れませんので100%ではないんですけど。

 指輪や腕時計で皮膚炎になりやすい人は注意して下さい。お口の中の金属にも反応してしまうかもしれませんよ。


posted by だいすけ先生 at 08:48 | Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月17日

先頭車両

田舎に住んでいると、移動手段はもっぱら自動車です。公共交通機関が発達していませんからね。バスなんか1時間に1本しか来ません。

 道も狭く、ほとんどが片道1車線で追い越し禁止です。そのため1台遅い車がいると、後ろがそれに付き合わされる形になるんですよ。

ひどい時には10台以上引き連れていることもあります。多くの場合、女性かお年寄りのドライバーですね。例外もありますが・・。

制限速度以下でゆっくり走るのは個人の自由です。それはかまわないと思います。

しかし交通の流れを妨げてしまいますので、後続車に道を譲って欲しいものです。無理な追い越しは事故の元ですからね。

でも中には自分の後ろが渋滞している事さえ気付いていないドライバーもいますので、困ったものです。皆さんはどう思われるでしょうか?



 昔の歯医者さんは割りとすぐ歯を抜いていました。まだ治療法とかが確立していなかった時代ですから仕方なかったのかもしれません。

でもその関係で、お年寄りの歯の本数が極端に少ないのは事実です。

昔は今ほど甘い物も出回っていませんでしたので、現在の方が虫歯にかかりやすいと思います。

でも「どうして抜かれたんですか?」とお尋ねすると「虫歯で」と答える方が多いようです。現在でも歯の根っこまで虫歯が進んでしまったら抜歯する事もありますが、それは稀な例です。虫歯で抜くのはもったいないんです。

 重度の歯周病が原因の時は抜歯もやむを得ませんが、虫歯では抜きたくありません。

どんなに素晴らしい治療を施しても、元々の歯に勝てるものは出来ないからです。

言い換えれば、治療するたびにその歯は弱くなってしまうんです。

歯を削ったり抜いたりしないでいいように、日頃のケアをしっかりと行ってくださいね。


 
posted by だいすけ先生 at 09:47 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月16日

サンタナ

15年ほど前、父が新車を買った時、廃車にするまでの間それまで乗っていた車を譲り受けました。

フォルクスワーゲンのサンタナっていう車です。しかしあちこち問題があって、特にベアリング(ギアを回すための小さな球)の具合が非常に悪かったんです。

友達の整備士にみてもらった所、普通の走行は出来るけど高速には乗らないようにと言われていました。でも乗っちゃったんです。

最初は問題なかったのですが、途中でいきなり”ガンッ”というショックとともに全てのメーター類が0を指しています。

それでも走行には問題なかったので走り続けていると、再び”ガンッ”!!

今度はどんなにアクセルを踏んでも時速10km/hくらいしか出ません。高速道路ですから追突の危険性大です。

ハザードランプ点灯させてなんとか路肩に止めるのがやっとでした。

携帯電話が普及する前でしたので、道路の非常電話からJAFに連絡して助けてもらいました。真夏の昼間に3時間待たされたんですけどね。

 やはり専門家の忠告は素直に聞くべきでした。反省です。



 歯科で使う薬はお医者さんと違って限られています。

主に痛み止めと抗生物質ですね。抗生物質は感染予防と腫れ止め等を目的に投与します。抜歯した後に処方するのはそのためなんです。

しかし薬を飲まなかったり、抜歯の後に頻繁にうがいをしてしまうとドライソケットになってしまう危険があります。

これは歯を抜いたところの骨が露出して感染してしまう病気です。激しい痛みを伴って治りも非常に悪いです。

歯を抜いたらその場所に血が固まって治っていきます。その日はあまりうがいせずに、安静を保って下さい。つまようじなどでいじるのは最悪ですよ。

posted by だいすけ先生 at 09:51 | Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月15日

ノーベル賞

ノーベル賞を近年は日本人が多く受賞しています。

同じ日本人として誇りですね。日々研究を続けているまだ受賞していない研究者の人達も頑張ってもらいたいものです。

そのノーベル賞について、最近「へー、そうなんだ。」と思う事を耳にしたのでちょっと御紹介します。

 ノーベル賞には物理学賞や化学賞、文学賞など、いくつかのジャンルに分かれているのは皆さんもご存知だと思います。

でもその中に「生物学賞」はないんですね。これには理由があるそうです。

ノーベル賞は元々ノーベルがダイナマイトを発明して得た富を世界のために役立てたいと、ノーベルの死後、その妻が設立したものです。

しかし生前のノーベルが不倫していた相手が生物学者だったことから、ノーベル生物学賞は除外されたらしいのです。

世の中やっぱり女性が強いんですね・・。



 テレビで色んな会社がマウスウォッシュを宣伝しています。

お口をゆすいで汚れを落とすという商品ですね。モンダミンとかリステリンなどが有名です。確かに虫歯や歯周病予防には効果があると私も思います。

ただコマーシャルを見ていると、あれだけで予防できると誤解されるのが心配です。

やはりお口の清潔を保つ方法の第一選択は何と言っても歯ブラシです。汚れを落とすだけではなく歯ぐきの血行を促進するマッサージ効果もありますからね。

歯ブラシをしないでゆすぐだけでは予防効果はあまり期待出来ません。

あくまでも歯ブラシの補助的な商品なんです。その事を理解して上手に使っていけば、よりお口の健康が保てると思いますよ。

posted by だいすけ先生 at 14:21 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月14日

引越し

現在は開業して落ち着いておりますが、研修医や勤務医時代は数回の引越しをしました。学生時代も含めると10回以上は経験していると思います。

 エレベーターのないマンションの4階に引っ越した時は、ちょっと感動しました。

パンダマークの業者のお兄さん達の働きが素晴らしかったんです。

階段で4階まで運んだタンスがドアから入らないと見るや、すぐ1階に下ろして窓から搬入したんです。

雨が降っていたのにもかかわらず、下からロープで引き上げたんですね。上にいた人なんか半分以上身を乗り出していましたからまさにアクロバットです。ただただ感心して見ていました。

 完了した後、料金とは別にそっと一万円をチップとして渡すと、最初は断られたんですが、みんなの食事代という事でなんとか受け取ってもらいました。

プロの仕事って見るだけで気持ちのいいものですね。



 歯を削る時に使う取替え式の先端のチップを”バー”といいます。

用途によって色々と種類を変えます。歯の表面を削る時は、エナメル質が非常に硬いのでダイヤモンドバーを使います。

その名の通り小さなダイヤモンドの粒がちりばめられたバーなんです。ダイヤを使わないと削れないほど歯は硬いんですよ。

とは言っても工業用ダイヤなのでそれほど高価なものではないんですけどね。

 歯はそんなに硬いのに虫歯では穴が開いてしまいます。バイ菌が出す酸に極端に弱いからです。

逆に言うと、その弱点に歯をさらさないようにすればそんなに簡単には虫歯にならないということです。

歯ブラシの重要性がこの事からもわかりますよね。

posted by だいすけ先生 at 10:44 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月13日

くじ引き屋さん

私には5歳下と7歳下の弟がいます。ちょっと年が離れているんです。

今はみんないいおっさんになっていますが、小さい頃は”手下”でしたね。私が小6なら小1と幼稚園ですから。

 お正月のお年玉で彼らの懐があったかい時を狙って、私は二段ベッドの下の段を利用してくじ引き屋さんを開きました。

自分が飽きたり壊れたりしたおもちゃに番号を付けて、それを1回10円でくじを引かせるのです。

彼らはそのおもちゃよりもくじを引く行為がしたいばっかりになけなしのお小遣いを散財していましたね。私にとってはガラクタを有料で引き取ってもらえるようなものでしたので最高でした。

 しかし世の中はそう甘くはなく、母親に見つかって全額返金させられました。くじ作るのけっこう大変だったのにな・・。



 勤務医時代にそこの院長先生から「最低5年継続しないと歯科医としての修行にならない。」と言われました。

私の都合でそこはすぐ辞めてしまったのですが、開業して9年経った今ではその意味が良く分かります。

 自分が治療した所の経過を把握するには、やはりそれなりの時間が必要です。

5年以上経過しても問題ないところもあれば、2年ほどで壊れてしまう例もあります。

患者さんのハブラシ不足が原因の時もありますが、早く壊れてしまったり再発した時は自分なりに反省をして原因を突き止めるようにしています。

これを繰り返す事が経験を積むという事なんだろうなと考えています。

理想としては一度治療した所は一生もたせたいと思っていますが、そのためには患者さんの協力も必要です。

半年に一度は定期健診を受けてもらって、二人三脚で歯を守って行きたいものですね。


 
posted by だいすけ先生 at 10:12 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月12日

プラモデル

私の子供だった頃の趣味といえば、もっぱらプラモデルでした。お小遣いの大半をつぎ込んでいたように思います。

自動車のプラモデルを完成させては棚に飾りまた買って来てその横に置いての繰り返しで、多い時には50台くらいのコレクションになっていました。

おかげで細かい作業を苦にしなくなりましたし、車の構造の勉強にもなりました。

その当時は文房具屋さんにも置いてあったくらい人気が高かったのですが、最近は大型店舗や専門店に行かないとなかなかいいものは売っていないようです。子供達の興味はDS等のゲームが主流になりましたからね。

 しかし最近うちの息子がヤフオクで手に入れたプラモデルを作るようになりました。

ただそれは車ではなく、お城なんです。歴史の勉強にもなるかなと思いますがちょっと模型が小さいようです。

私も昔高さ50cmほどの五重の塔を作ったことがありますので、今度専門店で本格的なやつを買ってあげたいなと思っています。

難しすぎて途中で投げ出さなければいいですけど・・。



 お子さんの虫歯の予防策としてシーラントというものがあります。

これは健全な奥歯の歯の溝を歯科材料で埋めて、そこから虫歯が進行する事を予防するものです。

お子さんの奥歯の虫歯はほとんどの場合、そこから始まるので有効な手段だと思います。特に生え変わったばかりの永久歯は、虫歯に対して非常に弱いのでなおさらですね。

それに加えてフッ素の応用と定期的な検診・ハブラシ指導を行えば万全ではないでしょうか。

 生えたばかりの永久歯はまだ根っこが完成していません。ですから神経まで虫歯が達すると非常に治療が困難になります。

そのような治療をしなくていいようにしたいものですね。

 
posted by だいすけ先生 at 09:50 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月11日

麻雀牌

大学1年生の時は、大学の門のすぐそばにアパートを借りて住んでいました。

その関係でよく先輩達が時間かまわず乱入してきたものです。

夜中でも窓からいきなり入ってきて、「麻雀するぞ!」ですからかないません。でも1年生は逆らえないのです。

 朝まで麻雀をしていると、汗や手垢で麻雀牌がベタベタしてきます。

我慢できなくなったある先輩の一人が「ベビーパウダー持ってこい!」とか私に言うのですが、そんなものあるはずがありません。

するとその先輩が台所から小麦粉を探し出してきて、それを麻雀牌にぶちまけたのです!! 

結果はベタベタ感3倍増で、みんなで水洗いするはめになりました。

 先輩、粉ならなんでもいいって訳じゃないんですよ・・。



 歯の神経の治療で急性症状がある時に、いきなり消毒の薬を入れたりすると痛みが激しくなる場合があります。

その可能性がある時は、わざと蓋をせずに開放します。(私達はオープンと呼んでいます。)

こうする事によって中に溜まった膿(うみ)等の逃げ道を確保するんです。

しかしこれはあくまでも症状を軽減するための処置ですからこれだけでは治りません。中のバイ菌をやっつけないといけないので、痛みが治まったら消毒の薬を入れる必要があります。

タイミングを間違うとまた激しい痛みと腫れが発現するので、慎重に行わないといけないですけどね。

そのような時は多くの場合治療が長引きます。なかなかバイ菌が死んでくれないんですね。

でも中途で治療をやめたりするとまた悪化しますので、根気強く最後まで通って下さいね。


posted by だいすけ先生 at 10:39 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
クリックだけで募金ができます。 ぜひ、ご協力を。 クリックで救える命がある。 r_bana_5.jpg

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。